税務関連

法人税の所得計算の基本構造

株式会社TKC 顧問 税理士 朝長 英樹

株式会社TKC 顧問
税理士 朝長 英樹

法人税法22条は、所得の金額の計算の通則を定める規定であり、法人税において最も重要な条文です。法人税に携わるに当たっては、この条文を正しく解釈し、所得の金額の計算の基本を理解しておく必要があります。
当コラムでは、この法人税法22条の条文を確認しながら、法人税の所得計算の基本的な構造をわかりやすく解説しています。

  • 1
会計・税制の改正情報をいち早くお知らせします!メールマガジン配信申込みはこちら
TKC エクスプレス
TKC WEBコラム
TKCが電子申告義務化対応を応援します!
企業向けセミナーのご案内

中大研活動事例