2019年7月号Vol.115

【TKC サポートインフォメーション1】公会計システム
財政状況の見える化支援へ
活用・分析機能を強化拡充

今年3月、「地方公会計の推進に関する研究会」が報告書を公表しました。これにより市区町村では、公会計を特別なものとせず〝日常的〟な業務として取り組み、財務情報を行財政運営に有効活用することが求められています。こうした状況を踏まえ、TKCでは、「TASKクラウド公会計システム」シリーズの強化拡充に取り組んでいます。

公会計を日常的な業務へ

施設セグメント別の分析

施設セグメント別の分析

 報告書では「セグメント分析の推進」など三つの課題を整理するとともに、公会計の定着に向けた提言が示されました。ここで、定着には〈業務効率化が不可欠〉であり、財務会計と一体的な地方公会計システムの導入など〈その方策の検討を期待する〉と述べられています。
 TKCの公会計システムは日々仕訳(リアルタイム仕訳)対応で、伝票起票と同時に自動仕訳が行えます。また、伝票入力の一連の操作で固定資産台帳・公有財産台帳・物品台帳を作成。これにより台帳の作成漏れを防ぎ、年度末の照合作業を大幅に削減します。
 さらに、公会計情報の活用を支援するさまざまな機能を搭載。以下に主なものをご紹介します。

1 統一的な開示様式への対応

 国に提出する際の「統一的な開示様式」に対応した財務書類等を容易に作成できます。

2 財務書類の経年比較

 有形固定資産や行政コストの増減など経年比較の把握・分析を支援します。グラフ表示で財政状況を視覚的に確認できます。

3 各種財政指標のグラフ表示

 住民1人当たり資産・負債、コストなどの把握や分析を支援します。グラフ表示により住民等に分かりやすい情報提供が可能です。

4 セグメント別財務書類分析表

 施設や事業間を比較する基礎資料として、セグメント別に財務・非財務情報を集約した分析資料などを簡単に作成できます。

5 財政推計

 財政計画を策定する際に実施する財政推計の作成を支援します。これにより、歳入歳出の将来見通しを人口推計と連動させて作成・確認できます。

6 将来バランスシート

 財政推計データや固定資産データなどを活用して、5~10年後の目標バランスシートを作成します。これにより将来の資産と債務を〝見える化〟し、資産債務改革の将来目標を設定できます。

◇   ◇   ◇

 さらなる機能強化拡充も計画中で、「行政経営の強化」と「財政の効率化・適正化」を支援してまいります。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • 特設 マイナンバー
  • 特設 コンビニ交付
  • 特設 公会計
  • TASKクラウドシステムソリューションへ
  • TASKクラウドシステムユーザー事例
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介
TASKクラウドフェア2019 開催のご案内
「TASKクラウドフェア2019」開催のご案内