2019年4月号Vol.114

【TKC サポートインフォメーション2】マイナポータルワンストップ支援サービス
介護保険手続きのオンライン化を支援

 今年度から、新たに介護ワンストップサービスの運用が始まります。
 これは要介護・要支援認定申請や介護保険証を紛失した際の手続きといった各種手続きを、マイナポータルの「ぴったりサービス」を利用してオンライン上で行えるようにするサービスです。
 ワンストップサービスの対象となるのは、要介護・要支援認定申請などの9種類の手続きで、添付書類の一部は紙に代えてPDFや写真データによる申請も可能とされています。
 TKCでは「マイナポータルワンストップ支援サービス」を提供し、今年4月から順次介護ワンストップサービスに対応します。
 詳細は以下のとおりです。

1.LGWAN接続サービス

 市区町村がサービスを導入するには、マイナポータルに接続する仕組みの構築が必要となります。TKCでは「LGWAN接続サービス」を提供します。署名検証を自動で行う機能などの搭載により職員の負担軽減が可能です。

2.データ連携サービス

 住民が申請したデータは、数日経過するとマイナポータル上から自動削除され、確認漏れなどが発生するリスクがあります。そこで、当社独自の「データ連携サービス」を提供します。
 申請データはTKCのデータセンターで長期間保存されるため、確認漏れなどを防ぎ、職員の業務負荷を軽減します。
 なお、マイナポータルに入力された申請データを既存の介護保険システムへ取り込む際は、システム改修が必要となります。
 TKCでは、今後国から開示される予定の詳細情報を踏まえて「TASKクラウド介護保険システム」を機能強化する計画です。これにより、さらなる業務効率化を支援します。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • 特設 マイナンバー
  • 特設 コンビニ交付
  • 特設 公会計
  • TASKクラウドシステムソリューションへ
  • TASKクラウドシステムユーザー事例
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介
TASKクラウドフェア2019 開催のご案内
「TASKクラウドフェア2019」開催のご案内