掲載日:2018.09.05

金融庁

金融庁「金融庁の平成31年度税制改正要望について」を公表

平成30年8月31日(金)、金融庁ホームページで「金融庁の平成31年度税制改正要望について」が公表されました。
https://www.fsa.go.jp/news/30/sonota/201808312.html
https://www.fsa.go.jp/news/30/sonota/180831.pdf

公表された「金融庁の平成31年度税制改正要望について」は17ページの資料で、その内容(目次等)は、次のとおりです。

  1. 家計の安定的な資産形成の実現
    1. NISA制度の恒久化等
    2. 相続した株式の譲渡における相続税(株式分)の取扱いに関する見直し
    3. 金融所得課税の一体化
    4. 教育資金一括贈与に係る贈与税の非課税措置の恒久化及び拡充
  2. 金融のグローバル化への対応
    1. 過大支払利子税制の見直しに伴う金融マーケットへの対応
    2. 外国子会社合算税制(CFC税制)に係る所要の措置
  3. その他の重要項目
    1. 生命保険料控除制度の拡充
    2. 火災保険等に係る異常危険準備金制度の拡充及び延長

     ○その他の要望項目

    以上

    会計・税制の改正情報をいち早くお知らせします!メールマガジン配信申込みはこちら

    TKCエクスプレスの最新トピック

企業向けセミナーのご案内
  • TKC連結グループソリューション[会計]