TKC会員事務所の取り組み〈中小企業の経営支援〉

業績管理体制の構築

業績管理体制の構築をサポートします!

月次巡回監査と自計化で黒字経営の実現を支援します

黒字経営を実現するためには、いち早く自社の業績を把握し、次の打ち手を考え、実行することが欠かせません。そのために必要になるのが、「業績管理体制の構築」です。

業績管理体制が整っていないと"どんぶり勘定"となり、その場しのぎの経営に陥りがちです。また記帳を会計事務所に丸投げしている場合も、タイムリーに自社の業績を把握することは困難です。

TKC会員事務所では企業自らが起票・記帳できるように、丁寧にそのサポートを行っています。そして企業を毎月訪問する月次巡回監査やTKCシステム導入による自計化支援などを通じて、業績管理体制の構築と黒字経営の実現を支援しています。

記帳代行で業績を管理できますか?

記帳代行に頼っていると、会社の経営状況をタイムリーに把握することは困難です。毎月の会計資料を企業自ら起票・記帳することで経営実態の把握につながります。それにより、会計事務所も、より業績管理に役立てていただくための経営助言が可能となります。TKC会員事務所では、次のようなサポートを通して、業績管理の基盤となる経理体制の構築をサポートしています。

  1. 関与先企業が自ら起票、記帳できるように指導を行う。
  2. 関与先企業を毎月訪問して、会計・税務の監査・指導を行う。
  3. 正確な会計資料の提供および経営助言を行う。
  4. 巡回監査に基づいた書面添付を実践し、適正申告を実現する。

TKC会員事務所では企業の経理レベルに合わせて、証憑書類の整理・保存、現金管理の仕方など基礎的な部分から丁寧に指導します。現状の経理レベルに不安を感じている経営者の方もご安心ください。

月次決算の仕組み作りはお任せください

TKC会員事務所では毎月会社を訪問して、記帳が適時・正確に行われているかどうかを確認する月次巡回監査とともに、「TKC財務会計システム(FX2)」による自計化(自社の業績管理における計数的な把握を、経営者自らが行う体制にすること)を支援しています。

「FX2」は、企業が自ら毎日、全社と部門別の業績管理を行うための管理会計ソフトです。簿記が苦手な方でも、TKC会員事務所の指導とFX2の入力補助機能で、会計帳簿を作成できます。これによって企業の最新業績をリアルタイムに把握できるので、経営者の意思決定に役立ちます。

このようにして企業に迅速な月次決算体制と自計化が定着すると、経営者の計数管理意欲も高まり、企業の業績改善につながります。

高収益を実現するカギは部門別業績管理です

会社が成長するにつれて、会社の問題点がどこにあるのか把握できなくなってしまうという悩みを抱えていませんか?そこで有効になるのが「部門別業績管理」です。

会計データを部門別に区分することで、それまで具体的に見え難かった課題や問題点を把握できるようになります。「FX2」では部門別業績管理の機能により、経営者が部門ごとの業績をタイムリーに把握し、目標を達成するためのより有効な打ち手を考えることができます。

TKC 戦略財務情報システム(FX2)画面(サンプル)

TKC会員事務所の取り組み