法律家・法科大学院向けシステム

法科大学院教育研究支援システム

law_educational_tool.gif

特長

 法科大学院が教育研究支援システムを導入することは、事前学習・事後学習を中心に学生が主体となって学ぶことを支援する環境整備であると位置づけられます。
 インターネットの技術を活用することによって、

  1. 学生が予習・復習を行う場所・時間を基本的に問わない
  2. 予習・復習中に必要となった法律情報を、学生にストレスを与えずに提供する
  3. 教授と学生の両者にとって、授業の準備(学習以外の作業的な準備)のために費やす時間と労力を低減させる

 ―といった効果が期待でき、できる限り学生が自己の学習と授業に専念できるための環境を整えます。

 法科大学院教育研究支援システムは、

  1. 授業支援ツール
  2. ロー・ライブラリー

 から構成されています。