企業向けシステム

公益法人会計データベース

公益法人会計データベースは、公益法人会計基準および税法に完全準拠し、予算・事業別管理、決算までトータルに対応した財務会計システムです。

公益法人会計基準および税法に完全準拠

公益法人会計基準に完全に準拠した「貸借対照表」「正味財産増減計算書」「財務諸表等の注記」を作成できます。また、補助簿として作成が求められる「基本財産台帳」および 「特定資産台帳」を作成できます。
もちろん、消費税法に定められている仕入税額控除のための帳簿の記載要件 (消費税法第30条)を完全に網羅しています。

最適な業務フローを実現

公益法人の会計処理の流れに即したメニュー画面を搭載しています。システムを使いこなすほどに、段階的に最適な業務フローを実現できます。

収支計算書の自動作成

会計伝票入力時に、資金収支仕訳を自動計上し、「収支計算書」を自動作成します。

計算書類間の整合性をチェック

「収支計算書」「貸借対照表」「正味財産増減計算書」の各帳表間の整合性をチェックし、科目残高が一致しているか一目で確認できます。

共通費用の配賦仕訳を自動計上

認定法施行規則第13条、第19条および公益認定等ガイドラインI-7.(1)で求められる「共通費用の配賦」を行えます。

(主な機能)

  1. 配賦基準の登録機能
  2. 配賦額の計算機能
  3. 配賦計算表の作成機能
  4. 配賦仕訳の自動計上機能
  5. 配賦処理の取り消し機能

事業別やプロジェクト別に管理

事業別管理機能により、事業を含む会計区分を組織体系として登録することで、「貸借対照表内訳表」および「正味財産増減計算書内訳表」を作成できます。これにより、収支予算と実績との対比を事業別に比較できます。
また、プロジェクト別管理機能により、会計期間にとらわれず、任意の期間に発生した支出額を管理できます。

伺書など業務フローに即した機能

伺書など公益法人の業務フローに即した様々な機能が充実しています。