企業向けシステム

電子帳簿閲覧システム

電子帳簿閲覧システムは、電子帳簿保存法に対応しているTKC自計化システムのサブ・システムです。仕訳帳、総勘定元帳が保存されている「電子帳簿(TKC CD-Book)」と連動し、電子帳簿保存法の保存要件を満たした電子帳簿を保存できます。「電子帳簿(TKC CD-Book)」は事業年度毎に作成・保存できるため、帳簿書類等の保管コストの削減にもつながります。

TKCは「電子帳簿保存法」に完全対応、実績No.1!!

電子帳簿ソフト法的要件認証 第1号認証を取得!

電子帳簿ソフト法的要件認証制度とは、国税関係帳簿の作成・保存を行う市販ソフトウェアが電子帳簿保存法の要件を満たしているかをチェックし、法的要件を満足していると判断したものを、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が認証する制度です。
TKCの自計化システムは電子帳簿保存法の法的要件を満たしたソフトとして国内第1号となる認証を受けています。

訂正・加除履歴の確保

  1. 記録事項の入力をその業務の処理に係る通常の期間を経過した後に行った場合には、その事実が確認できます。
  2. 電磁的記録の記録事項について訂正又は削除を行った場合には、これらの事実及び内容が確認できます。

相互追跡可能性の確保

仕訳帳と総勘定元帳との間において、相互にその関連性を確認できます。

検索機能の確保

電磁的記録について、次の要件を満たす検索機能を搭載しています。

  1. 記取引年月日、勘定科目、取引金額その他の帳簿の種類に応じた主要な記録項目を検索の条件として設定できます。
  2. 日付、金額は範囲を指定して条件を設定できます。
  3. 二つ以上の任意の記録項目を組み合わせて条件を設定できます。