TKCシステムの新規導入コストが1/3に!IT導入補助金

平成28年度第2次補正予算で100億円の補助事業が実施されます!「サービス等生産性向上IT導入支援事業」のご案内

経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入費用の補助を通じて、中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。IT導入補助金を利用すると、システム導入費用の2分の1(上限額:50万円 下限額:15万円)が補助されます。

補助対象となる経費

当事業の承認を受けたITツールのソフトウェア、サービス導入費

  1. ①初期導入費用(ソフトウェア、導入コンサルティング料等)
  2. ②1年分のクラウドサービス等の利用料

※ パソコンの購入代金など、ハードウェアにかかる費用は対象外です。
※ 交付決定前に導入したソフトウェア等の費用は補助の対象外です。

ITツール

貴社の課題を解決するために最適なITツールの組み合わせをご提案します。

ITツール(ソフトウェア、サービス等)の組み合わせ例
TKCシステムで生産性を向上しませんか?

補助金を受けるには、どんな手続きが必要なの?

「IT導入支援事業者」であるTKC会計事務所が、
貴社に代わって補助金の申請手続きを行います

補助金の申請手続きの流れ

IT導入補助金を受ける前に、確認しておくべきポイントは?

補助金を受けるにあたっては、いくつかの注意点があります

  • ●補助対象者は、日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等です。大企業の子会社等は対象外です。
  • ●補助金の申請は、1補助事業者あたり1回のみです。昨年のIT導入補助金の交付を受けている場合、昨年導入したITツールの業務機能と重複しない場合に限り、本年の補助金申請が可能です。
  • ●国(事務局)から認定を受けた「IT導入支援事業者」から、ITツールの導入支援を受けてください。
  • ●補助金の申請前に「経営診断ツール※1」の実施と「SECURITY ACTION※2」の自己宣言が必要です。
    • ※1「経営診断ツール」は、IT導入補助金ホームページで公開されている自社の経営状況等について診断を行うためのツールです。
    • ※2「SECURITY ACTION」は、独立行政法人情報処理推進機構が実施する中小企業の情報セキュリティ対策への取組みを自己宣言する制度です。
  • ●ITツールの導入により、5年後の「労働生産性」の伸び率が2%以上となる事業計画の作成が必要です。
  • ●必ず交付決定後に、申請したITツールの発注・検収・支払を実施してください。
  • ●初期導入費用および1年分のクラウドサービス等の利用料は、導入時に一括でお支払いください。
    (導入したITツールを1年未満で解約する場合は、補助金全額の返還が必要です)
  • ●補助対象となるクラウドサービス等の利用料は初年度のみです。2年目以降の利用料は補助対象外です。
  • ●補助事業完了後5年間、毎年1回ITツール導入による生産性向上効果の報告が必要です。

補助金の交付には、国(事務局)による審査があります。

IT導入補助金の活用については、株式会社TKCまでお問合せください。

お問合せはこちら