社長の皆さん、こんな"想い"はありませんか?

そんな社長に
「部門別の予算管理」をおすすめします!

部門長のリーダーとしての意識が高まります

部門長は、その部門においては経営者そのものです。経営の立場からは、売上に対して、適正なコストを維持し、利益を計上する管理能力が求められます。部門長が自部門の業績(予算比)を確認し、その原因と改善の打ち手を自らが考えることで、経営幹部の育成につながります。

収益に貢献する部門が明確になります

部門別に業績を測定することで、部門ごとの利益率や、部門一人あたりの利益額(生産性)を算定できるようになります。これにより、何に対して、どれだけのコストがかかっているかを把握できます。利益率や生産性が高い部門は、市場開拓へ向けて受注を増やし、低い部門は、コストの見直しを行うなどの部門戦略へ繋げることができます。

職場の一体感が高まります

具体的な成果や目標を明確にしないと、職場の一体感は醸成されません。社員ひとりひとりが、力を合わせて部門単位の目標、また全社的な計画達成のために尽力することで、会社の収益だけでなく達成感ややりがいを生み出すことができます。また、社内に競争意識も生まれ、会社全体の活性化につながります。

「部門別予算策定システム」とは?

「部門別予算策定システム」は、TKC会員事務所の支援のもとで、
社長と部門長が議論しながら部門別予算を作成するクラウドシステムです。

システムの特長・機能

  • 部門別予算の原案をカンタンに作成

    全社予算を「前年の部門別実績構成比」で各部門に自動割り当てします。割り当て後の部門別予算を修正し、社長が考える部門別予算を策定します。

  • 部門長宛の通知はワンクリック

    社長が作成した原案は各部門長にワンクリックで送信できます。部門長は通知メールからWebにアクセスして、自部門の予算を確認します。

  • 部門長に対する予算の責任範囲を設定

    例えば、1年目は「売上高」、2年目は「売上高」と「変動費」といったように、部門長の責任範囲を段階的に広げていくことができます。

「部門別予算策定システム」なら
貴社に合った「部門別の業績管理体制」を構築できます!

「部門別の業績管理体制」構築ステップ

全社予算

会計事務所の支援のもと、社長が全社予算を策定します。

部門別予算

部門別予算策定システム

  1. 全社予算とTKC自計化システムの部門情報を取り込みます。
  2. 社長が部門別予算の原案を策定します。
  3. 部門長は、原案をもとに自部門の予算を策定し、
    その達成のための行動計画を立案します。
    pointまずは、「売上項目だけ」予算策定する、といった設定も柔軟に行えます。
  4. 社長と部門長が対話を重ねながら、部門別予算を磨き上げます。
    point社長・部門長ともに、ナットクの予算が完成します。
  5. 全社予算と部門別予算をTKC自計化システムへ登録します。

行動計画の実行

部門長が行動計画を実行します。

日々の業績管理

社長が、TKC自計化システムを利用し、日々部門ごとの目標と実績をチェックします。
その差を分析し、部門長と必要な打ち手を考えます。

業績検討会の開催

会計事務所の支援のもと、四半期ごとに業績検討会を開催します。
問題点を発見し、対策を検討します。

※部門別予算策定システムの利用には、FX2またはFX4クラウドの導入が必要です。