TKC全国会 中堅・大企業支援研究会(中大研)

税務・会計の専門家による安心のサポート

中堅・大企業の税務・会計の実務に精通し、かつ高い業務品質を誇るTKC全国会 中堅・大企業支援研究会会員(税理士・公認会計士)が、全国規模のネットワークを通じて企業グループを支援します。

中大研について サービス

新型コロナウイルス感染拡大に関する情報

【税制】

国税庁
新型コロナウイルス感染症に関する対応等について
法人税及び地方法人税並びに法人の消費税の申告・納付期限と源泉所得税の納付期限の個別指定による期限延長手続に関するFAQ

問3.申請や届出など、申告以外の手続きも個別延長の対象となりますか。
○法人税や消費税、源泉所得税に係る各種申請や届出など、申告以外の手続きについても、新型コロナウイルス感染症の影響により、提出が困難な場合は、個別に期限延長の取扱いを行うこととしております。
→この件に関して国税庁殿に照会したところ、電子申告義務化の特例届出書も、個別指定による期限延長手続が可能とのことでした。
  なお、個別の手続きや記載方法等につきましては、所轄税務署までお問合せください。

財務省
新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置(案)

【決算開示】

金融庁
新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を踏まえた有価証券報告書等の提出期限の延長について
新型コロナウイルス感染症に関連する有価証券報告書等の提出期限について
(証券監督者国際機構)「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生下における会計基準の適用に関するIOSCO声明」の公表について

東京証券取引所
「有価証券報告書等の提出期限の延長」に伴う決算発表日程の再検討のお願い
緊急事態宣言発令に伴う売買の取扱いを踏まえた情報開示に係る対応

日本公認会計士協会
新型コロナウイルス感染症に関連する監査上の留意事項(その3)
新型コロナウイルス感染症に関連する監査上の留意事項(その2)
新型コロナウイルス感染症に関連する監査上の留意事項(その1)
【会長声明】緊急事態宣言の発令に対する声明

企業会計基準委員会
新型コロナウイルス感染症への対応(会計上の見積りを行う上での新型コロナウイルス感染症の影響の考え方)

【株主総会】

法務省
定時株主総会の開催について

TKC WEBコラム

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会 税理士 宇野 元浩

税務コラム 好評公開中!

令和2年度税制改正のポイント

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会
税理士 宇野 元浩

令和2年度税制改正では、デフレ脱却と経済再生という安倍内閣の基本的な考え方のもと、イノベーション強化に向けた取組みや経済のグローバル化・デジタル化への対応、経済社会の構造変化を踏まえた税制の見直しが行われています。
当コラムでは、令和2年度税制改正の概要と大法人の制度を中心に、主な税制改正の内容について解説します。

おすすめのコラム

  • 「e-Taxによる申告の特例に係る届出書」書き方ガイド
  • 連結納税制度の見直し
  • 令和元年度(令和2年3月期)税務申告の直前対策
  • 電子申告義務化直前対策-今準備しておくべきことは?-
  • 疑問を解消!印紙税よくある質問Q&A
  • さあ始めよう!電子申告 ー義務化に備えてー

活動事例

連結業績管理
グループ業績管理の「早期化」と「見える化」で経営状況が飛躍的に改善!
POINT
  • 財務会計システムの変更により、グループ全体の会計処理を統一
  • 会計処理の統一により、グループ業績の見える化を実現
  • クラウド会計システムによる業務分散化と月次決算の早期化
  • 繰越欠損金の活用を視野に入れた組織再編と戦略的な企業買収を実現
M&A
買収後の経営管理も月次訪問で徹底サポート!安心・納得のM&Aを実現
POINT
  • 買収により、後継者不在の取引先から経営権を承継することを検討
  • 対象企業の財務内容把握に課題があり、買収後の経営管理に不安
  • 検討段階では、現状把握と買収後の経営計画策定を支援
  • 買収後は、月次訪問により月次決算体制の構築と予算管理を毎月サポート
事業承継
会社オーナーのためのハイブリッド型相続対策【親族承継】
POINT
  • 持株会社を活用したグループ経営による相続対策
  • 投資育成や資産保有会社、配偶者への贈与などを組合わせた相続対策
  • 安定株主対策としての投資育成等導入によるスムーズな親族承継
  • 相続税対策の副次的効果として、グループのガバナンスも向上
中大研会員のご紹介(税理士・公認会計士) 書籍・出版物のご紹介

トピックス

寄稿
租税回避防止規定の解釈

ヤフー事件の最高裁の判決において示された法人税法132条の2《組織再編成に係る行為又は計算の否認》の解釈は、組織再編成に係る租税回避の理論と実務に大きな影響を与えることとなりました。そこで、組織再編成税制の創設に携わられた朝長英樹先生に、132条1項を用い、132条の2の解釈の参考となると考えられるところに焦点を当てながら、その正しい解釈について解説いただきます。

2020.2