会計事務所向けシステム

事業承継税制適用要件判定プログラム(TPS8800)

事業承継税制適用要件判定プログラム(TPS8800)

特長

  1. 事業承継税制の適用要件を判定できます。
    事業承継税制適用要件の判定の基礎となるデータを入力し、事業承継税制が適用できるかどうかを判定できます。
  2. 株式等納税猶予税額を試算できます。
    相続税・贈与税の株式等納税猶予税額を試算できます。
  3. 都道府県知事に提出する「確認申請書」「認定申請書」「年次報告書」を作成できます。
    相続開始前(贈与前)に任意に申請する「確認申請書」、相続開始後(贈与実施後)に申請する「認定申請書」、相続税(贈与税)申告期限後5年間、毎年報告する「年次報告書」を作成できます。
  4. 税務署に提出する「納税猶予の継続届出書」を作成できます。
    相続税(贈与税)申告期限後5年間は毎年、5年経過後は3年ごとに提出する「納税猶予の継続届出書」を作成できます。

TKC全国会への入会に関するお問合せはこちら

TKC会員に聞くTKCの総合支援体制

巡回監査士及び巡回監査士補資格のご案内

無料情報サービスのご案内

ご登録いただくと、以下のTKC会員向けサービスを一部ご利用いただけます。
さらに、最新セミナー等の開催情報をご案内いたします。

TKC経営指標(BAST)
TKC税務Q&Aデータベース

ご登録はこちら

※登録内容の修正・確認はこちら