TASKクラウドマイナンバーカード交付予約・管理システム

マイナンバーカードの申請受付・来庁予約から
交付まで「業務の効率化」を支援
窓口の分散化
混雑緩和へ

90秒でわかる マイナンバーカード交付予約・管理システム

90秒でわかる マイナンバーカード交付予約・管理システム
カードの「適正保管の徹底」と「交付予約・管理業務の効率化」が課題に

国は、〈2022年度中にほとんどの住民がマイナンバーカードを保有〉するとの方針を掲げ「マイナポイントの活用」や「健康保険証としての利用」などマイナンバーカードの普及と利活用促進への取り組みを強化しています。
また、2020年以降は電子証明書の更新作業も加わります。

市区町村が取り組むべき喫緊の課題

  • カード紛失などのリスクを極力排除し、適正な保管を徹底(2017年10月18日総務省通知)
  • 交付申請の受け付けから、カード管理・交付(廃棄)まで一連の業務の効率化
課題

マイナンバーカード交付予約・管理システムの特長

申請受付のほか、カード管理簿の作成、交付予約管理、交付(廃棄)するまでの工程管理など、一連の業務効率化を支援します。
「窓口申請」「出張申請」「勤務地など経由申請」など、さまざまな申請方式に対応します。

カード管理簿作成を効率化

カード発行一覧表やマイナンバーカードを読み取ることで、入力の手間を大幅に削減します。

工程管理を効率化

「申請~(予約)~交付」までの各工程を一気通貫で管理でき、迅速かつ確実な工程管理が可能です。

集計・統計を効率化

各種報告資料などをかんたんに作成できます。

申請書の管理を効率化

15年間の保管が義務付けられている交付申請書のイメージを管理し、照会できます。

住民向け機能(オプション)

スマートフォンなどからカードの申請・交付に関する来庁予約が可能です。
*LINEからの予約申請にも対応予定