TASKクラウド福祉相談支援システム

相談情報の一元管理により
「業務の最適化」
「包括的な相談支援体制」の構築を支援
児童相談
のみも利用可

(2020年春提供)

90秒でわかる 福祉相談支援システム

90秒でわかる 福祉相談支援システム
「住民福祉の充実」と「相談支援業務の効率化」をトータル支援

介護・障害・子育てなど制度ごとに管理されていた情報を一元的に管理・共有できるようにし、相談受付から支援経過管理、会議資料や報告書の作成までトータルで支援します。

福祉相談支援システムの特長

窓口業務の効率化を図る「福祉ポータル機能」と、複雑な課題を有する住民への適切な対応を支援する「相談管理機能」で構成されています。

福祉相談支援システムの特長

福祉ポータル機能

制度を横断した検索

制度をまたがって、各種資格・サービスの受給状況を世帯単位で確認できます。

受給可能なサービスの検索

質問に回答するだけで、住民が受給可能なサービスを判定。対象サービスの申請書作成も可能です。

相談管理機能

相談支援内容の共有

各課の相談支援内容を共有することができます。また、情報の共有範囲は柔軟に設定できます。

要支援候補者の抽出

独り暮らしの高齢者など、支援を必要とする住民をかんたんに抽出できます。