全社業績が社長の“てのひら”に

スマート業績確認機能

「いつでも」「手軽に」自社の業績が確認できたら…
そんな経営者の皆様のご要望にお応えして
最新の全社業績を、お持ちのスマートフォンやタブレットにお届けします!

TKCの会計ソフトFXシリーズ(FX4クラウド、FX2、e21まいスター)で利用できます

活用シーンを動画でご紹介します

  • シーン1 自宅

    出社前に売上をチェック!
    気になる数字は出社後に詳しく確認。

  • シーン2 出張先

    出張先で口座の残高や取引明細をチェック!
    資金の動きをリアルタイムに確認。

  • シーン3 移動中

    商談前に限界利益をチェック!
    得意先との交渉をスムーズに。

全社の業績が一瞬でわかる

経営者の気になる数字が1画面に!
タップで詳細を確認できます。

速報性の高い情報を中心に、経営者が気になる数字を
ダッシュボード表示します。
時間がない場合は、これだけを見れば業績の概要が把握できます。
気になる数字をタップすれば、詳細も確認できます。

全社の業績が一瞬でわかる
キャッシュフローが見える

キャッシュフローが見える

最新の預金口座の残高や
取引明細を確認できます。

口座別の残高、さらに、各口座の取引明細まで確認できます。
外出先でも預金の入出金を確認できるため、
取引先への連絡が必要な場合など、スピーディに対応できます。
※「銀行信販データ受信機能」の利用が必要です。

銀行信販データ受信機能とは?

当期決算の先行き管理ができる

決算予測値と当初計画値を比較し、
黒字決算への打ち手を検討できます。

売上高・限界利益・経常利益の実績など、経営者の知りたい数字を、
「累計残高」「移動合計」「各月発生」の各グラフで確認できます。
さらに「このままいったらどうなるか」という予測値と計画値を比較できます。
黒字決算に向けた先行き管理の"入り口"として活用ください。

当期決算の先行き管理ができる
<スマート業績確認機能の利用条件について>
  1. TKCシステムまいサポートの利用が必須となります。
  2. FX2・e21まいスターでは、TISCバックアップサービスの利用が必要です。
  3. 予算比や部門業績を確認するには、予算登録や部門別業績管理の利用が必要です。
  4. 最新の預金残高および口座ごとの取引明細を確認するには、銀行信販データ受信機能の利用が必要です。
  5. 入金・支払予定を確認するには、支払・入金管理機能の利用が必要です。