TKCシステムの特長

税理士事務所オフィスマネジメントシステム(OMS)

税理士事務所オフィス・マネジメント・システム(OMS)」は、税理士事務所に最適な業務フローを実現し、生産性と業務品質の向上を支援するシステムです。関与先企業の情報を「一元管理」し、消費税の届出等の法務チェックや電子証明書等の有効期限のチェックを自動化する他、「税理士業務処理簿」(税理士法第41条)を自動記録するなど、最適なTKCシステムの活用と効率的な事務所経営を支援します。

OMSメニュー画面

税理士事務所の「生産性」と「業務品質」の向上に貢献します

  1. 関与先の情報を「一元管理」し、消費税の届出等の法務チェックや電子証明書等の有効期限のチェックを自動化しています。
  2. 関与先の概要(過去5年分の財務・税務情報等)を「関与先カルテ」ボタンから即座に把握できます(TKCシステムの処理結果を集約)。
  3. クライアントPCでの毎月のプログラム更新の手間が軽減されます。
  4. 緊急なプログラムの修正は、TISC(TKCデータセンター)からダウンロードします。
  5. 税理士法第41条の規定による「税理士業務処理簿(帳簿)」を自動的に電子保存します。
  6. 所長先生の見たい事務所の最新情報(業務の進捗等)は、いつでも「所長」ボタンから確認できます。
  7. 「mobile+WiMAX/3G」を利用することで、外出先からもOMSを利用できます。

オプションシステムにより所内の電子化をご支援します

オプションシステム

所内管理体制の構築をご支援します

1.所長先生専用メニュー

所長先生が所内の業務進捗状況を的確に把握するための専用メニューを用意しています。巡回監査や決算申告等の業務進捗状況をいつでも確認できます。

2.「所長への報告書」の提出・検閲

「巡回監査支援システム」で作成した「所長への報告書」は、OMS上で「提出」と「検閲」ができます。
これにより、検閲者からの指示漏れ、指示への報告漏れを防止します。税理士法第41条の2に規定される使用人等に対する監督義務を履行したことの証明になります。

3.税理士業務処理簿(税理士法第41条)の自動記録・承認機能

申告書や届出書印刷時または電子申告・申請データ送信時にOMSの「税理士業務処理簿DB」に当業務の内容を自動記録します。記録された業務処理簿は、所長先生の「承認」により修正不可となります。