金融機関の皆様向け

よくあるご質問

TKCモニタリング情報サービスを利用可能な取引先の確認方法は?

1.TKCモニタリング情報サービスを利用して金融機関に帳表を提供可能な条件

以下の3条件を満たしている取引先が利用可能です。

  1. 法人取引先
  2. 取引先がTKCの営利法人用または医業用の財務会計ソフト※1を利用していること。
  3. 取引先を顧問する税理士事務所がTKCの法人税申告書作成システムを利用して決算書等及び税務申告書を作成し電子申告していること。

※1 FX2、e21まいスター、FX4クラウド、DAIC2、DAIC3クラウド、MX2、MX3クラウド、FX農業会計

2.貴金融機関内で利用可能な取引先を確認する方法

TKCモニタリング情報サービスを利用して金融機関に帳表を提供可能な条件を満たしている取引先の決算書には、「TKCマーク」と「決算書番号」が左下に付されています。
貴金融機関で取引先より既に提供を受けている決算書をご確認ください。

TKCシステムで
決算書・申告書ができるまで

なぜ信頼性の高い決算書・申告書が
作成可能なのか?動画でご紹介

TKCシステムで決算書・申告書ができるまで~一気通貫の仕組みが信頼性を高める!~

サービス紹介ムービー

金融機関との関係強化!
その理由を動画でご紹介

TKCモニタリング情報サービスのご紹介

活用事例ご紹介ムービー

TKCモニタリング情報サービス
利用経営者の声

TKCモニタリング情報サービス利用経営者の声

最新情報

first_page
chevron_left
chevron_right
last_page

「TKCモニタリング情報サービス」 活用事例のご紹介

金融機関および融資先企業での
活用事例などをご紹介します