税理士・公認会計士のご紹介

相続税・贈与税

相続税・贈与税に関する、よくある質問と回答をご紹介

相続税はどれくらいかかるのですか

相続税は法定相続人が多いほど負担額は軽くなります。また、配偶者が取得した財産には、ほとんど相続税がかからない仕組みになっています。

相続時精算課税とは?

60歳以上の贈与者から20歳(2022年4月1日以後は18歳)以上の子や孫が贈与を受けたときに、特別控除2,500万円を超えた部分に一律20%の贈与税がかかります。そして、贈与者が亡くなったときに、相続財産にその贈与財産を加えて相続税額を計算し、すでに支払った贈与税額を相続税額から控除する制度です(年齢は贈与した年の1月1日現在のもの)。

  • この制度の選択は、受贈者が贈与者ごとにすることができます。
  • 一度、この制度を選択すると相続時まで継続され、取り消しはできません。 また、暦年課税での毎年110万円の贈与税の基礎控除がなくなります。
  • この制度の対象となる贈与者以外から財産の贈与を受けた場合は、この制度の対象となる財産とは区分して、暦年課税での贈与税額を計算します。