電子申告を起点としたデータ自動連携で
「税務業務の効率化・最適化」
「情報セキュリティーの向上」を支援
導入実績
40%超

TASKクラウド地方税電子申告支援サービス
地方公共団体(都道府県・市区町村)の利用割合

90秒でわかる eLTAX関連サービス

TASKクラウド eLTAX関連サービス

eLTAX関連サービスとは

システム間で必要なデータを自動連携

電子申告を起点として申告受付から課税資料の保管管理・閲覧まで
スムーズにデータを自動連携し、税務業務の最適化を図ることができます。
地方税電子申告支援サービス

データ連携サービス

基幹税務システムとの
円滑なデータ連携を実現

e-Tax連携サービス

e-TAX受付システムへの
データ引き継ぎを実現

課税資料イメージ管理サービス

いつでも、かんたんに
原票イメージを検索・照会

申告受付支援システム

正確・確実な
申告受付業務を支援

利用メリット

利用メリット

eLTAX関連サービスの特長

地方税電子申告支援サービス

地方税共同機構の標準システムをクラウドで提供する「地方税電子申告審査サービス」と
TKC独自の「地方税電子申告データ連携サービス」の2つで構成されています。

地方税電子申告支援サービス

地方税電子申告審査サービス

地方税電子申告データ連携サービス

e-Tax連携サービス

  • 申告書等のデータを電子データのままシームレスにe-Taxへ送信できます。
  • 申告書等の印刷や管理、送付に伴うコストを削減します。
  • TKCデータセンターでデータを保管管理するため、データ紛失などのセキュリティーリスクを回避できます。

課税資料イメージ管理サービス

  • 課税資料の原票イメージは住民ごとに一元管理できるため、納税者からの問い合わせにも迅速に対応できます。
  • 「地方税電子申告データ連携サービス」と連携することで、電子申告データや国税連携データの帳票イメージが自動で生成されます。

申告受付支援システム

  • 課税に必要な資料を一元管理します。
  • 税法への適合チェックや前年度所得との整合性チェックで、正確な申告受付業務を実現します。
  • 「課税資料イメージ管理サービス」と連携することで、原票イメージを参照しながら当初課税前のエラーチェックが行えます。