TKC海外不正リスク対応セミナー

最近の海外不正の傾向分析と取組事例から紐とく対応策

開催日
東京 2019年11月20日(水)
参加費
無料

セミナーのお申込みはこちらから

お申込みはこちら

海外の不正リスク対応の重要性が増しています。日本の親会社は、物理的な距離、言語や商慣習等の違いから、海外拠点の状況を把握することが困難です。本セミナーでは、最近の海外で発生している不正の傾向を解説し、そのうえで、海外の不正リスク対応に参考となる取組事例等を解説いたします。
この機会に、ぜひご参加ください。

主催:株式会社TKC,TKC全国会 海外展開支援研究会,TKC全国会 中堅・大企業支援研究会

セミナープログラム

第1部 最近の不正の傾向と主な要因
~不正が発生する組織に共通する傾向と問題点~
講師:有限責任監査法人トーマツ ディレクター 頼永 泰弘 氏
第2部 海外不正への予防策
~取組事例から紐とくグループ経営の道すじ~
講師:有限責任監査法人トーマツ シニアマネージャー 公認会計士 竹田 耕平 氏

講師紹介

頼永泰弘 氏

有限責任監査法人トーマツ 監査アドバイザリー事業部 ディレクター
頼永 泰弘

  • 製造業やサービス業を中心に会計監査業務(日本・米国基準)に従事した後、財務報告やリスク管理、コンプライアンスをはじめ各種アドバイザリー業務に従事。現在は、事業会社向けに内部統制・経営体制に関するアドバイザリー業務に関与している。
  • 不正発生時の原因分析、調査、再発防止に向けた改善対応支援等のプロジェクトを得意とするほか、不正防止に向けた体制整備、コンプライアンスや規制対応(贈収賄・輸出管理等)、リスク管理体制の整備等のプロジェクトの経験や外部セミナーの講師などの多数。
竹田耕平 氏

有限責任監査法人トーマツ 監査アドバイザリー事業部 シニアマネジャー
竹田 耕平

  • 米州、欧州、アジアなど、グローバルに事業展開する製造業及びサービス業の会計監査業務に従事。会計監査業務と同時にグルーバルに展開する企業の上場準備関連業務、組織再編、ガバナンス体制整備、子会社調査等の各種アドバイザリー業務に従事。
  • 売上高10億円の上場準備企業から5,000億円の一部上場企業まで様々な規模のグローバルに展開する企業への監査及びアドバイザイリーに係るプロジェクトを経験。海外子会社管理体制の整備・運用に関して中堅企業との協働を通して、日々、研鑽に励む。

開催日程

当社と同業の企業様およびそのグループ関連会社からのお申込みは、お断りする場合がございます。
定員になり次第締め切りとさせていただきます。
1会場2名様までのお申込みとさせていただきます。2名を超えるお申込みについてはお断りさせていただく場合がございます。
電話でのお申込みは受け付けておりません。当ページにてお申込みください。
開催都市 開催日 時間 お申込 定員 会場
東京 2019年11月20日(水) 14:00~16:40
(受付開始13:30)
お申込 300 ベルサール飯田橋ファースト
東京都文京区後楽2-6-1
住友不動産飯田橋ファーストタワーB1

参加費用

参加費無料

お問い合わせ先

株式会社TKC セミナー事務局 担当:矢野、荒川
〒162-8585 東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル4F
0120-347-249
Email:TKCSeminar@tkc.co.jp

電話でのお申し込みは受け付けておりません。当ページにてお申し込みください。
電話でのお問い合わせ時間:土・日・祝日を除く(9時~12時/13時~17時)
記入いただいたお客様の個人情報は、本セミナーに関するご連絡および資料等のお届けのために利用いたします。また、今後開催するセミナーのご案内、TKCエクスプレス(官庁等から発信される会計・税制の改正情報を迅速にお知らせする無料のメールマガジン)をお送りします。
なお、具体的なご要望をいただいた場合には、その内容により提携または協定企業等に連絡することがあります。当社の個人情報保護方針は、 こちら をご覧ください。