海外子会社の業績を適時に把握・クラウドを活用した経営管理なら

海外ビジネスモニター グローバル経営の見える化を支援します
  • 海外子会社の仕訳データを読み込むだけ
  • 仕訳データを日本語/英語に自動翻訳(60言語に対応)
  • 勘定科目を日本で見たい科目に自動組替

海外子会社の管理、
このようなご要望はありませんか?

  • 仕訳や試算表を日本語でチェックしたい

    仕訳や試算表を日本語でチェックしたい

  • 会計処理のミス・不正を発見、防止したい

    会計処理のミス・不正を発見、防止したい

  • 業績を適時・正確に把握したい

    業績を適時・正確に把握したい

TKCの海外ビジネスモニターがお応えします!

海外ビジネスモニターとは海外子会社の「仕訳データ」を現地の会計ソフトからTKCのデータセンターにアップロードすることにより、親会社が常時確認できるようにするクラウドサービスです。

親会社では、多大なコストをかけることなく短期間で海外子会社の経営情報を効率よく収集し、最新業績をいつでも確認できるとともに、内部監査支援機能を活用することで、会計処理のミス・不正の発見・牽制に役立てることができます。

感染症の拡大、自然災害、内政の情勢悪化のような状況下でも、海外に出張することなく、現地の財務状況をチェックできます。

海外ビジネスモニター

海外ビジネスモニターの特長

海外子会社の仕訳を日本語で確認
自動翻訳機能により、すべての取引を日本語/英語で確認できます。さらには伝票、仕訳帳、総勘定元帳などを自動で作成。海外子会社の会計データを日本の会計ソフトの様に確認できす。
内部監査支援機能で内部統制強化を支援
CAAT(コンピュータ利用監査技法)を取り入れた16の分析項目により、ミス・不正の発見を支援。膨大な仕訳データを絞り込み、要注意仕訳を抽出します。(特許第6463532号
最新業績を見たい形式で確認
海外子会社の勘定科目を親会社が見たい科目体系に組み替え、最新業績を一目で確認できます。
また、収集したデータをExcel に自動で展開し、貴社独自の管理資料を簡単に作成できます。

”見える化”に成功した企業様の声

親会社

  • 現地語であることと日本の科目への組替えに手間がかかっていた。

    日本語でしかも見慣れた科目体系で月次で業績が確認できる状況が自動化された!

  • 現地からのレスポンスが遅くて困っている。

    こちらで伝票レベルまで確認ができるため、内容を把握した上で的確な質問をコンパクトにできるようになった。

  • 子会社の経理状況がわからない。

    伝票まで把握でき、科目対応表の作成や科目追加のルールを決めるなど、グループ全体で標準化し管理効率が上がった。不正の牽制にもつながった。

  • ガバナンス強化を具体的にどうしていくべきか。

    海外子会社データの一元化、仕訳の分析等、同様の仕組みで効率的に管理することができるようになった。

子会社

  • 提出書類は多いが内容はかなり重複していた。
    日本でデータを共有してもらえるようになった。
  • 依頼のやり取りが1回で終わらない、提出後に必ず質問が来る。
    的確な質問とやり取りの回数が減った。
  • 親会社から管理強化を求められていたが、現地は手一杯。
    いっそ親会社にやってもらいたかったところなので助かった。

\ 3分でよめる /

海外ビジネスモニターをもっと知りたい方へ

セミナー

海外子会社管理担当者向けの無料セミナー・システム体験会を開催しています。

製品紹介動画

海外ビジネスモニターに関するお問い合わせ

WEBでのお問い合わせはこちら

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

株式会社TKC 海外ビジネスモニター営業部
03-3266-9055