企業向けシステム

建設業用会計情報データベース(DAIC2・DAIC3クラウド)

建設業用会計情報データベース(DAIC2・DAIC3クラウド)は、建設業者のための最強の業績管理ツールです。業績管理の要となる「現場別工事台帳」の作成により、黒字経営に不可欠な現場別の業績管理を支援します。

「電子帳簿ソフト法的要件認証」第1号認証を取得!
建設業用会計情報データベース(DAIC2)は、電子帳簿保存法の法的要件を満たしたソフトとして、
日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)から、国内第1号となる認証を受けています。
TKCは「電子帳簿保存法」に完全対応、実績NO.1!!
※ 認証ロゴは公益社団法人日本文書情報マネジメント協会によりライセンスされています。

「財務会計」と「建設原価計算」が完全連動

会計伝票の入力時に、工事ごとの明細を入力するだけで、建設原価計算が簡単にできます。業績管理の強化と経理の合理化を同時に実現できます。

全社の最新業績をリアルタイムに把握

全社の最新業績をいつでも確認でき、リアルタイムな業績管理体制の構築を支援します。
「変動損益計算書」では、期末までに竣工予定の未成工事を含む形式で業績を確認できます。
また、「要約貸借対照表」では、経営事項審査の際に利用する経営指標を表示し、決算までに改善すべき項目を明確化できます。

工事ごとに粗利益等の最新の状況を瞬時に把握

「要約工事台帳」と「現場別工事台帳」により、工事ごとの粗利益、予算残高等の情報を把握できます。
問題点を発見した場合には、何が原因なのかを「ドリルダウン」機能により会計伝票まで遡って検証できます。

複数の工事の進捗状況や工事粗利益を比較検討

「工事利益管理表」により、複数の工事の粗利益率や入金状況等を一目で確認できます。
また、担当者別、受注先別等の区分で集計して出力できます。

リアルタイムに問題工事をチェック

「要点検工事一覧表」では、「<予算消化額>が<実行予算額>を超えている工事」等15種類のチェック項目ごとに、問題のある工事を順位表で確認できます。問題が発生する工事の傾向を把握し、経営改善を行うための資料として活用できます。

受注工事の傾向を分析

「工事粗利益分布表」では、請負金額と粗利益率から見た工事の分布状況をマトリックス上で確認できるため、請負金額、粗利益率の両面から優良・問題工事を洗い出すことができます。気になる工事は「ドリルダウン」機能により原因究明できます。
また、「工期一覧表」のグラフ表示により、手持ち工事が一目で確認でき、いつまでにどの工事に力を傾注すべきか一目瞭然です。

実行予算の管理が的確に

「工種別」または「4大費目別」に実行予算を管理できます。発注額や予算消化額をタイムリーに把握でき、早期に利益確保の打ち手を講じることができます。

担当者別及び受注先別の業績評価

「担当者別」及び「受注先別」の順位表により、会社業績への貢献度が確認できます。

電子帳簿保存法に完全対応

建設業用会計情報データベース(DAIC2・DAIC3クラウド)は、帳簿(元帳や仕訳帳)を電子保存できる「電子帳簿保存法」のシステム要件を充足しており、国が認める「電子帳簿ソフト法的要件認証」(公益社団法人日本文書情報マネジメント協会)を受けています。このため、安心して帳簿の電子保存を申請できます。

経審対策シミュレーションをご支援

TKC会員事務所が利用している「建設業用継続MASシステム」で経営計画の立案や経審対策シミュレーションをご支援します。立案した計画は、予算としてDAIC2、DAIC3クラウドに登録できます。

TKCだから安全・安心のクラウド型システム「DAIC3クラウド」

複数パソコンからの同時入力・問合せを行えるため、経理事務を大幅に省力化できます。
また、最高度のセキュリティ体制を備えたTKCインターネット・サービスセンター(TISC)でデータを保管するため、安全・安心です。