イベント開催報告

「TKCタックスフォーラム2017」が盛大に開催されました

TKCタックスフォーラム2017

TKC税務研究所が主催する「TKCタックスフォーラム2017」が、約500名の会員等の参加のもと、リーガロイヤルホテル東京で開催された。今年のタックスフォーラムでは、納税手続の電子化など今後の税制の動向や要件事実論、不服申立制度の現状などの重要テーマを学ぶ機会となり、参加者は熱心に耳を傾けていた。

主催:TKC税務研究所 共催:公益財団法人租税資料館 後援:TKC全国会
とき:平成29年10月20日(金) ところ:リーガロイヤルホテル東京

開会の挨拶

TKC税務研究所所長 伊藤 誠

TKC税務研究所所長 伊藤 誠

PDFにて詳細をご覧いただけます。

研究発表

非上場株式等の納税猶予をめぐる雇用確保要件の検討 ─平成29年度税制改正が実務に与える影響と今後の課題─

TKC九州会
(リーダー/海野理香会員・他6名)

TKC九州会(荒武教和、海野理香、木山亜紀、黒木陽、甲佐 敬、児玉貴士、桜井裕子、山崎潤子)

PDFにて詳細をご覧いただけます。 

講演 Ⅰ

今後の税制の課題と改正の動向-納税手続の改革を中心に-

東京大学大学院教授・政府税制調査会会長 中里 実

東京大学大学院教授・政府税制調査会会長
中里 実

PDFにて詳細をご覧いただけます。 

講演と対談

租税訴訟における要件事実・事実認定の考え方-裁判官による判断の構造-

専修大学法学部教授・弁護士 増田英敏

法科大学院要件事実教育研究所顧問
創価大学名誉教授・弁護士
伊藤 滋夫

創価大学名誉教授・弁護士 伊藤滋夫

専修大学法学部教授・弁護士
増田 英敏

PDFにて詳細をご覧いただけます。 

講演 Ⅱ

国税不服審判所の現状について──不服申立制度の改正から約1年が経過して

国税不服審判所長 増田 稔

国税不服審判所長
増田 稔

PDFにて詳細をご覧いただけます。 

閉会の挨拶

国税不服審判所長 増田 稔

公益財団法人租税資料館 代表理事
河﨑照行

(会報『TKC』平成30年1月特別号より転載)