金融機関向けサービス

中小企業向け「経営改善計画策定支援サービス」

「中小企業金融円滑化法」の期限延長と金融庁の「監督指針」の改正により、金融機関にはコンサルティング機能を発揮するため、顧客企業のライフステージ等に応じた「ソリューションの提案」、その実行状況の「モニタリング」、必要に応じた「経営相談や経営指導」等の実施が期待されるようになりました。また、同監督指針では「第三者の知見の活用」として外部専門家(税理士)の有効活用も明記されています。

TKC全国会ではこれらを踏まえ、日本の中小企業を守るため金融機関と連携して「TKC経営改善計画策定支援サービス」を提供しています。

サービス内容

経営改善計画書の作成から計画の進捗管理・報告までをご支援します!
経営改善計画の策定が必要な取引先企業に、経営改善計画書の作成から、その後の計画の進捗管理と金融機関への進捗状況の報告をお手伝いします。サービスは以下のような流れで行います(モニタリング支援サービスの場合)。

TKC経営改善計画策定支援サービス

事例紹介