就活生による社員インタビュー
トップページ社員インタビュー:E.Tさん社員インタビュー:T.Yさんインターンシップふりかえり座談会

CONTENTS


就活・採用支援会社のインターンシップに参加したら、このサイトを制作することになりました!

もっと見る

はじめに、私たちがなぜ株式会社TKCのこのサイトを制作することになったのか、その経緯をお話しします。
私たち・・・というのは、就活・採用支援会社の5日間のインターンシップに応募して出会った現役就活生4人組(男性2名:柴田、佐藤、女性2名:桑内、私=中川)のこと。
インターンシップの初日、十数名の学生が集まったなかグループ編成が発表され、私たち4人が同じグループとなりました。そして、インターンシップのカリキュラムとして私たちに与えられたミッションは、「実際のクライアント企業に対して、就活生ならではの視点で考えた効果的な新卒採用活動支援策を提案する」こと。インターンシップって、その会社のお仕事のお手伝いをするぐらいだと思っていたのに、いきなりハードルの高いミッションが…。
私たちのグループ名は「ステップ&ジャンプ」に決定。私がリーダーとして選ばれたところで、複数のクライアント企業が紹介されました。テレビCMなどで名前を知っている企業もあれば、まったく知らない企業もある。その中から私たちが選んだ企業が株式会社TKCだったのです。
「どうせなら知らない会社にチャレンジしてみよう」と選んだのですが…。会社案内を読むと、会計システムを開発している東証一部上場のすごい会社らしい。そんな大企業に、私たちが採用活動支援策なんて提案できるのかしら?
不安いっぱいでスタートしたTKCへの採用活動支援策の企画づくり。
結果としてこのサイトを制作することになったのですが、そこまでの道のりは「インターンシップふりかえり座談会」でご紹介します。

ステップ&ジャンプ リーダー 中川


「ステップ&ジャンプ」メンバー紹介

■リーダー 中川
文教育学部 言語文化学科 3年生
自他ともに認める古典好き。高校1年生の時に『源氏物語』の面白さに感動し、大学で文学を学ぼうと志す。中学・高校時代はバレーボール部、大学ではバドミントンサークルに所属する運動好きな一面もある。
■メンバー 柴田
商学部 会計コース 3年生
中学・高校時代は陸上部に所属し、体力をつける。大学では視野を広げるため、日本を旅する旅行サークルに入る。現在所属ゼミの幹事長として、マネジメントに興味を持つ。
■メンバー 佐藤
経営学部 経営学科 3年生
サークルは麻雀サークルの代表。実家は静岡県浜松市、大学進学で上京。親が人材派遣会社の経営者で将来は実家を継ぐのを目標にしている。性格は負けず嫌いで単純。
■メンバー 桑内
文学部 史学科 4年生
引っ込み思案なため、なかなか説明会で質問できないことが最近の悩み。この頃はやりのブラック企業が恐ろしいが、定義が曖昧なため、よくわかっていない。先輩たちが、仕事とプライベートをどうやって両立させているのか興味津々。


株式会社TKCの採用ページに戻る
新卒採用エントリーはこちら