機能のご紹介

取引の入力

入力機能自社に合った入力スタイルを選択

入力機能

仕訳の入力は仕訳辞書、出納帳、会計伝票、複合伝票等から選択できます。

便利なショートカットキーや勘定科目に応じた専門摘要の設定により、効率的に仕訳データを入力できます。

また、部門内訳入力方式により、複数の部門が関連する取引でも1枚の仕訳入力だけで対応可能です。

仕訳辞書定型的な仕訳入力を効率化

入力頻度の高い定型的な仕訳を、あらかじめ仕訳辞書に登録しておけます。 必要な項目のみを追加入力することで、仕訳入力を効率的に完了できます。過去に入力した仕訳の仕訳辞書への登録も可能です。

データ検索仕訳データを簡単に検索

年月日の期間指定や勘定科目コード、取引先名等の様々な条件指定により、仕訳データを検索できます。
入力担当者や連携した業務システム名で仕訳データを検索することも可能です。

仕切り

入力内容の確認

仕訳帳入力データの確認を効率化

仕訳帳

入力した仕訳データの勘定科目コードや消費税の課税区分、取引先名等を仕訳帳で確認できます。

その場でドリルダウンし、仕訳データの内容を確認できるため、入力内容の確認が効率化できます。

日計表日々の取引状況を確認

日々の現預金残高や売上・仕入総額を集計して一覧表示します。資金繰りや取引状況の確認に便利です。

消費税課税区分課税区分別の取引金額を一覧表示

課税区分別の取引金額と仕訳データを確認できます。課税区分が仕訳データ入力時に未確定だった取引のみを一覧表示して、課税区分を修正することも可能です。

仕切り

入力内容の印刷

確認資料の印刷豊富な印刷帳表に対応

確認資料の印刷

現預金出納帳や科目残高一覧表等、日々の取引内容や勘定科目残高を確認・報告するための様々な帳表が印刷できます。

また、課税区分ごとの消費税額や未決済手形の一覧表の印刷にも対応しています。

SkyPDF全帳表をペーパーレス化

FX4クラウドの全帳表がPDF形式で出力できます。
高価な専用ソフトウェアを購入せずにペーパーレス化が実現可能です。

データ切出取引内容や勘定科目残高をデータ切出

テキスト形式またはCSV形式で取引内容や勘定科目残高を切り出せます。