機能のご紹介

全社業績の確認

最新業績問合せ全社の最新業績をいつでも確認

最新業績問合せ

変動損益計算書により全社の最新業績を一目で把握し、前年同日、経営計画や同業他社(TKC経営指標)と比較可能です。

売上高と限界利益(粗利)の相関関係が明確になるため、目標利益達成に必要な売上高を把握できます。

また、強力なドリルダウン機能により、変動費や固定費の変動要因を分析できます。

プロジェクト管理プロジェクトごとの採算性を管理

任意のプロジェクトごとに収益と費用を集計し、採算性を管理できます。 プロジェクトの期間は、会計期間をまたいで指定できるため、長期のプロジェクトに対応可能です。 固定資産科目についてもプロジェクト管理の対象にできるため、設備投資プロジェクトにもご活用いただけます。

予算・決算先行き管理複数の予算を登録し予実管理

複数の予算を自由な名前で登録できます。登録された予算は、利益管理表や予算実績比較表での予実対比が可能です。TKC会員が作成した短期・中期経営計画を登録することもできます。
また、当月までの実績と期末までの業績予想額に基づいた、期末業績の先行き管理に取り組めます。

仕切り

部門別業績管理

部門の階層別・グループ別管理組織体系や事業内容に応じた部門管理

部門階層別管理

組織体系に合わせた「部門の階層別管理」により、よりきめ細かい業績管理に取り組めます。

部門階層の変更はドラッグ&ドロップで簡単なうえ、変更後の部門階層に従い過去の実績を確認できます。

また、事業の種類別や地域別といった、組織横断的な視点での業績管理機能として、「部門グループ別管理」をご利用いただけます。

部門業績ランク表部門別の業績を順位付けして問題発見

部門別の業績を順位付けして確認できます。 当ランク表からドリルダウンし、各部門の業績、勘定科目残高や仕訳データまで確認可能です。
順位付けの対象部門は、「全ての部門」や「各部門に所属する内部部門」等から指定できます。 また、部門業績ランク表は、グラフ形式でもご覧になれます。

共通費の配賦共通費を部門別に自動配賦

本社経費や複数の部門に共通する経費を各部門に配賦し、それぞれの業績をより正確に確認できます。
共通費の配賦方法は、部門ごとの賦課割合を指定する「簡易型」と、変動費・人件費等の項目ごとに賦課基準を指定する「詳細型」が選択可能です。

仕切り

経営分析

業績評価マトリックス業績改善のポイントを分析

業績評価マトリックス

「売上高」「限界利益」「経常利益」の過去3年間の実績をもとに、「売上高の伸びと限界利益の改善」と「限界利益の伸びと経常利益の伸び」の2つの切り口から、当期の業績評価や今後の業績改善のポイントを分析できます。

経営分析表約60項目の経営分析値を確認

収益性分析から生産性・安全性・債務償還能力・成長性・損益分岐点分析まで、約60項目の経営分析値を確認できます。
分析値は勘定科目の経営分析属性に基づいて集計されるため、日々の仕訳データ入力だけで、経営分析表をご利用いただけます。
また、自社の経営分析値とTKC経営指標(BAST)の比較も可能です。

計算書類の作成専用の設計画面で作成が簡単

貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書・キャッシュ・フロー計算書等の計算書類を作成できます。
貸借対照表や損益計算書は、複数の科目大系の登録や、任意のタイトル・脚注の表示に対応しています。
株主資本等変動計算書やキャッシュ・フロー計算書も、専用の設計画面により作成が簡単です。