グローバル経営の“見える化”を支援します。 TKC CLOUD

海外展開に関する企業の悩みを解決

親会社の視点

子会社の社長の視点

親会社の視点

海外子会社の業績を適時・正確に把握したい

①業績報告の遅延
②業績報告後の修正

海外会計ソフトの仕訳明細を取り込み、現地子会社の会計データを親会社の科目体系に組み替えて確認できます。遡及修正された仕訳を発見できます。

海外子会社におけるミスと不正を減らしたい

①会計処理のミスが頻発
②不正が発生していたとしても検知のしようがない

海外子会社のすべての仕訳を確認できます。現地勘定科目や現地取引先名での検索はもちろん、組替後の親会社科目での検索も可能です。

言語・時差等でコミュニケーションが難しい

①時差の問題
②言語の問題

クラウドサービスで、時差を意識せずに海外子会社の会計データを確認できます。翻訳辞書により、現地言語/日本語/英語で会計データを確認できます。

子会社の社長の視点

自社の業績を適時・正確に把握したい

①現地スタッフに会計処理を任せている
②利用している会計ソフトからは現地語の帳表が出力される
③社長(日本人)は現地の会計用語がわからない

クラウドサービスと翻訳辞書により、日本語で要約表示された業績を確認できます。現地スタッフが作成したレポートとOBMの会計データを突合し、会計データの正確性を検証できます。

親会社への正確な報告が難しい

①業績報告資料は現地スタッフの報告を信じて作成
②親会社からの質問も現地スタッフに確認せざるをえない

業績の要約表示から、個々の取引までドリルダウンして確認できます。
翻訳辞書により、すべての取引を日本語で確認できます。
親会社に対する報告資料の作成を効率化できます。