TKC全国会 中堅・大企業支援研究会(中大研)

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会とは

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会(中大研)

TKC全国会
中堅・大企業支援研究会
代表幹事 小形文夫

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会は、平成22(2010)年10月にTKC全国会の研究会組織として活動をスタートしました。

以来、「巡回監査」を軸とする業務で培った確認・助言・指導のノウハウをもとに、TKCシステムに精通した会計・税務の専門家として、「中堅・大企業に関する制度、会計および税務等の調査・研究」を行い、「中堅・大企業の適法・正確な会計処理と税務申告の支援」に真摯に取り組んでまいりました。

いま、上場企業を中心とする中堅・大企業においては、少子高齢化とそれに伴う国内需要の減少、経済のグローバル化などを背景に、国際競争力強化へ"事業改革・再編等"を進めることが求められています。その大前提として企業グループ全体で「会計」と「税」を把握・管理することが、喫緊の課題となっています。

私たちは全国で1000事務所を超える研究会会員の"力"を結集して「中堅・大企業の適法・適正な会計処理と税務申告」を支援し、ひいては企業と日本経済の発展に貢献してまいります。

 
研究会創設の目的

中堅・大企業(特に上場会社及びその子会社・関係会社)に関する制度、会計及び税務等の調査・研究を行い、中堅・大企業の適法・適正な会計処理と税務申告を積極的に支援することを目的とする。

研究会の活動
  1. 各種研修会の企画・開催
  2. システム導入支援ツール類の開発・提供
  3. 中堅・大企業向けセミナーの開催
  4. 中堅・大企業向けホームページの運営
  5. 関係省庁及び業界団体との関係強化
研究会テーマ
  1. 上場企業会計
  2. 税効果会計
  3. 連結会計
  4. 連結納税
  5. 国際税務
  6. 組織再編

① 毎期適切なテーマを検討し、制度及び実務を研究
② TKCシステムの徹底活用と事例研究

研究会の強み

中堅・大企業の実務に精通し、かつ高い業務品質を誇る税理士・公認会計士が、全国規模のネットワークを通じて企業グループを支援できることです。

 
研究会会員の状況

中堅・大企業の実務に精通し、かつ高い業務品質を誇る税理士・公認会計士が、全国規模のネットワークを通じて企業グループを支援できることです。

(単位:事務所)
TKC北海道会 25 TKC東京都心会 69 TKC千葉会 35 TKC北陸会 37 TKC近畿兵庫会 44
TKC東北会 41 TKC東京中央会 114 TKC神奈川会 63 TKC近畿大阪会 75 TKC中国会 63
TKC関東信越会 137 TKC城北東京会 43 TKC静岡会 45 TKC南近畿会 69 TKC四国会 27
TKC東・東京会 54 TKC西東京山梨会 53 TKC中部会 111 TKC近畿京滋会 38 TKC九州会 96

平成29年1月5日現在 計1,239事務所