ユーザー事例

株式会社アグレックス 様

電子申告による効率化と内部統制対応へ期待

  • システム利用範囲
  • 法人税
  • 地方税
  • 消費税
  • 電子申告
  • 税効果会計

従来の課題

  1. 事業拡大により税務申告業務が、複雑かつ煩雑になり手作業での限界を感じていた。
  2. 他社ソフトのサポート体制への不満があった。
  3. 内部統制への対応のため、スプレッドシート管理からの切替えが困難だった。

導入の効果

  1. 電子申告を行うことにより、手作業による税務業務を大幅に削減できた。
  2. 複雑かつ煩雑な地方税分割計算の効率化が図れた。
  3. 税理士のサポートによる安心感が得られた。

―― ASP1000R導入以前は、どのように税務申告書を作成していたのか教えてください。

齋藤 各項目の数字の算出はスプレッドシートで行い、それを最終的に他社の税務申告ソフトに入力していくというやり方でした。同じ数字を転記するなどの機能はありましたが、スプレッドシートで計算して、税務申告ソフトで清書しているイメージですね。業容も拡大し、税務に関する業務量も増えてきていましたが、なかなかそれまでの業務を改善していくところまで手が回らないで、そのままでいました。

―― ASP1000Rの導入のきっかけは?

経理部 齋藤龍氏

齋藤 電子申告が始まることは認識していたのですが、まぁ様子見といった雰囲気でいました。そういう時にTKC主催のセミナー開催のDMをもらい、最初は情報収集のつもりでそのセミナーに参加しました。そこで初めてASP1000Rを知りましたが、機能的に自分が想像していた以上にいろいろな機能があり、「これは良いな」と思ったことがきっかけです。その頃、ちょうど電子申告について社内で検討を始めた時期でもありました。システムを導入することで、電子申告も実現できて、またいままで手作業で“ゴリゴリ”やっていたことも解決できるなら、一石二鳥だろうということでASP1000Rを導入することになりました。最後は、電子申告という外的な要因が背中を押したところがありましたね。

共通の言葉でのサポートで安心

―― システムを活用されてみていかがですか。

齋藤 そうですね。地方税の申告書作成業務で大きな威力を発揮しています。当社では、現在約20か所の事業所があります。お陰様で業容が拡大していますので、どうしても新設事業所が多く、また、一般社員と併せてタイピストなど準社員の方も多いため、人員の異動が非常に激しい面があります。そのため、地方税の分割計算が大変なんです。ASP1000Rでは事業所が期中で増えたり、人員の異動があった場合も、分割基準である従業員や事務所の数をもとに月数を勘案して、自動的に計算してもらえます。これは非常に助かりました。地方税計算の手間や業務量などは、かなり楽になっています。それと、電子申告を実施したことも良かったですね。いままで地方税の申告書関係は、提出する自治体ごとにいくつもの申告書を用意して、別表や添付資料を添え、封筒に入れて送るなどの作業が大変でした。税金を計算するという過程のこともありますが、提出期限ぎりぎりのところで多くの手作業が発生していました。それが電子申告によって、手作業が大幅に軽減され非常に楽になったということがありますね。将来、市町村のすべてで電子申告が可能になると、いままで行っていた手作業の部分が、まったくなくなることになり大変助かりますね。

―― 操作面で、不安はありませんでしたか。

齋藤 ASP1000Rのサポートでは、TKC全国会の会計事務所(税理士・公認会計士)に支援いただけたのがすごく良かったと思います。例えば、電話サポートについても、以前利用していた他社のコールセンターでは、担当者はシステムのことはわかっているんでしょうが、税務の実務経験のない方が対応するので、そもそも私たちが話していることが理解してもらえないことが多々ありました。簡単にいうと共通の言葉を持っていないため、話が通じないということです。その点、ASP1000Rの場合には、実務に精通されたTKC全国会のシステム・コンサルタントの方に支援してもらえるので全然違いましたね。私たちの意図することを「こういうことをされたいんですね」と直ぐに理解してもらえます。そして実務に裏打ちされたアドバイスを的確にしてもらえる。そういった意味で、すごく安心感がありました。

先を見て内部統制にも対応

―― これから、御社が取り組もうとしていることは何ですか。

齋藤 当社では、社内でJ-SOXプロジェクトがスタートし、管理部門もスプレッドシート等での管理をなくすことを進めています。内部統制上、従来のスプレッドシートのレベルで管理していくことは、もう無理ですよね。いまがシステム化への転換のタイミングだと思います。また、内部統制の評価対象となる業務プロセスに、税額計算をどこまで組み入れるかは今後の課題です。しかし、全体的な流れとして、申告業務に関しても信頼性を確保できないスプレッドシート等をなくしていかなければいけないと考えています。税法が変わると、それを自分で勉強してスプレッドシート等に反映させるわけですが、社内で担当が変わると作った人の癖が分かっていないと、シートを見ていても全然分からないことがあります。また、いろいろ手を入れるとスプレッドシート自体が段々劣化してくるんですね。いま当社では税額計算に関する社内の業務フローを洗い出しているところですが、これからは「スプレッドシートで管理しています」では通らなくなると感じています。信頼できるパッケージがあるならば、できるだけ利用するべきでしょう。当社も全体的な流れを先読みして対応して行くことを心がけています。先日、TKCから発表されたASP1000Rを使用した場合の「内部統制文書テンプレート(業務記述書、業務フローチャート、リスクコントロール・マトリックス)」などもぜひ利用させていただきたいですね。

会社概要
名称 株式会社アグレックス 株式会社アグレックス
設立 1965(昭和40)年9月9日
本社 東京都新宿区北新宿1-5-2
資本金 12億9,219万円
売上高 223億円(単体)
社員数 1,500名(2007年3月末現在)
URL http://www.agrex.co.jp/
東証1部上場
掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、2007年9月現在のものです。
※掲載企業様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。