関与先企業向けシステム

社会福祉法人会計データベース

社会福祉法人会計データベース

特長

比較的小規模な法人向けスタンドアロン型財務会計システムです。

  1. 新会計基準(平成23年基準)に完全準拠しています

    新会計基準が要請する区分経理(法人全体、事業区分、拠点区分およびサービス区分)、会計処理を実現するための組織体系が登録できます。

    新会計基準に対応した科目体系を搭載し、新会計基準様式に準拠した財務諸表(注記を含む)、財産目録、附属明細書を作成します。

    会計・税務の専門家(税理士・公認会計士)がシステムの運用を継続的に支援します。

  2. 迅速・正確・安全な会計処理を支援します

    仕訳辞書機能など経理担当者が正確・スピーディに業務を遂行できる支援機能を搭載しています。

  3. 予算の執行状況をリアルタイムにレポートします

    区分経理(法人全体、事業区分、拠点区分、サービス区分別)ごとの予算執行管理機能を搭載しています。

    問題点を発見した場合には、「ドリルダウン」機能により、原因を究明できます。

  4. 多面的な事業別管理を実現します

    拠点区分(サービス区分別)の予算執行管理ができます。

    任意の事業をグループ集計する合算処理機能により、グループ比較による多面的な財務分析が可能です。

  5. 同事業・同規模施設と比較した財務分析が行えます

    最新の財務情報を同事業・同規模施設(同業者平均値)と比較、分析ができます。