関与先企業向けシステム

宗教法人会計データベース

宗教法人会計データベース

特長

予算・資金・決算までトータルに対応した公益法人会計基準準拠の財務会計システムです。

  1. 会計日記帳と同様の形式で、日々の現金取引や金種表の入力が可能です。
  2. 資金収支取引をシステムで自動的に計上できます。これにより、会計伝票の入力後すぐに自動仕訳計上後の資金収支計算書、損益計算書及び貸借対照表の科目残高を確認することができます。
  3. 「資金収支予算書」および「資金収支補正予算書」が作成できます。
  4. 資金収支予算額と実績額を対比した様式の「収支予算実績報告書」が作成できます。
  5. 会計伝票の印刷ができます。証憑書類から取引を直接入力した場合には、会計伝票を印刷し、証憑書類を貼付し保存することができます。
  6. 計算書類の整合性チェック機能を搭載しています。「収支計算書」の「次期繰越収支差額」と「貸借対照表」の「資金残高」が一致しているかどうかを画面確認できます。
  7. 法人共通の勘定科目体系が登録できます。当機能を利用することにより、各会計単位の勘定科目体系が法人単位で統一されます。
  8. 毎月計上の定型仕訳は、「仕訳辞書機能」で簡単に入力できます。