会計事務所向けシステム

財務エントリ21(財務三表用)

財務エントリ21(財務三表用)

特長

財務エントリ21は、財務三表用システム、個人財務用システムがあります。

  1. マスター初度登録から期中取引データの入力、巡回監査支援機能が一つのシステムに統合され、業務が途切れることなく実施できます。また、それぞれの機能をフルメニューで示しているため、全体像が把握しやすくなっています。
  2. 全社での口座・取引先別の問い合わせ機能はもちろん、部門別科目別口座・取引先別の問い合わせ機能も搭載しています。
    (個人財務用には、部門別に問い合わせる機能はありません。)
  3. 仕訳データまでドリルダウンすることができます。
  4. TKC継続MASシステムに連動するデータを作成できます。このデータを、TKC継続MASシステムで読み込むことにより、TKC統合情報センターで財務処理を行う前でも、最新の業績確認が行えます。
  5. TPS1000やTPS1000−K3への転記資料を作成するための情報を予め設定しておくことで、決算事務の一部を期中に分散させ、決算時の作業を効率的に進めることができます。
  6. テキストファイルへの切り出し機能が充実しています。タブ区切りのテキスト形式で出力されますので、Microsoft Excelで読み込むと、表形式で確認することが可能です。

TKC全国会への入会に関するお問合せはこちら

TKC会員に聞くTKCの総合支援体制

巡回監査士及び巡回監査士補資格のご案内

無料情報サービスのご案内

ご登録いただくと、以下のTKC会員向けサービスを一部ご利用いただけます。
さらに、最新セミナー等の開催情報をご案内いたします。

TKC経営指標(BAST)
TKC税務Q&Aデータベース

ご登録はこちら

※登録内容の修正・確認はこちら